イソフラボンはエストロゲンと似た働き

エストロゲンとは、一般的には卵胞ホルモンと呼ばれるホルモンで、女性ホルモンの一種です。卵巣や胎盤等から分泌されるホルモンで、思春期の頃から分泌量が増えます。
エストロゲンの働きとしては、体を女性らしくする事や、受精卵が子宮に着床しやすくなるように、子宮内膜を増殖させるといった事があります。
まさに女性には欠かす事の出来ないホルモンです。
そして最近では、このエストロゲンと似た働きをするという事で注目されている成分があります。
それがイソフラボンです。イソフラボンは、大豆等のマメ科の植物に多く含まれている成分です。
イソフラボンは体内に取り込まれると、エストロゲン受容体と結合して、エストロゲンと似たような働きをするという特徴があります。
イソフラボンに期待される効果として、更年期障害の改善があります。
エストロゲンには年齢を重ねると分泌量が減少してくるという特徴があります。
そして、この分泌量の減少に伴って、イライラや眩暈等の様々な症状が現われる場合があります。これが更年期障害です。
そこでイソフラボンを摂取する事で、このエストロゲンの減少部分を補って更年期障害の改善を行なうのです。
他にも、乳がん等の女性特有のがんの予防効果も期待出来ます。