低用量ピル処方で保険証は必要か

日本では治療目的でも避妊目的でもピルを購入するには医師の処方が必要になります。
そのため、生理不順でクリニックを受診する場合にも通常通り、保険証を提示して診察を受けていくことになります。
そもそも生理不順の症状はなぜ起こるのでしょうか。
それはホルモンのバランス、自律神経が乱れることによって引き起こされるのです。
排卵を促すためには必要不可欠な脳下垂体のホルモン分泌、これが滞ってしまうことによってその全体のバランスが崩れ、生理周期も崩れてしまいます。
この症状はそのまま放置しておくと、さらに症状を悪化させたり、将来不妊へとつながってしまうこともあるので、妊娠を希望している人であれば特に早め早めのクリニック受診をお勧めします。
通常、生理不順の症状がある場合には低用量ピルでその生理周期を正しい状態に戻していくことになります。
低用量ピルには黄体ホルモンと卵胞ホルモン、二つの女性ホルモンが含まれています。
この女性ホルモンを摂取していくことで、脳下垂体にダイレクトに効果を発揮し、子宮機能を本来ある姿に戻していくことができます。
錠剤を毎日飲んでいくだけで生理不順などのトラブルに悩み解消していくことができる、低用量ピルを活用する方法は非常にメリットが多いものなのです。
先にも述べたように、クリニック受診の際には保険証は欠かせません。
ただ、ごくまれにクリニックを利用せずにピルを購入する個人輸入の形を選択する人もいます。
この場合は保険証は必要ないので、より簡単に低用量ピルを購入ができるのですが、すべての副作用、リスクに感じて自己責任で対処していかなければいけないので初めての利用の場合は避けた方が無難でしょう。
個人輸入という形はある程度その低用量ピルに慣れた人におすすめの方法というわけです。